iaf.bmp

パウエル 今度は優勝!

パウエル 今度は優勝!
(余力残し驚異の世界新−)

9/9日、イタリアのリエティ。
大阪の世界陸上から何日も経っていませんが
陸上の「リエティ・グランプリ」開催。

男子100メートル予選。
ジャマイカのアサファ・パウエル
9秒74

の世界新記録をマーク!!

予選2組。
1.7mの追い風に恵まれ快走。
最後は余力を残してゴールしながらも
自身が持つ従来記録の9秒77を
0秒03も縮める驚異的な世界新記録。

決勝でも9秒78の好タイムで優勝!


今季、パウエルは右足付け根の故障を抱えたが
7月中旬に9秒90を出して復調する。
大阪の世界選手権大阪大会では
タイソン・ゲイ(米国)との一騎打ちが注目されたが
残念ながら辛酸をなめることに。
スタートの研究に強化したタイソン・ゲイ(米国)、
デリック・アトキンス(バハマ)に続く3位に終わった。

今回、再び王座を奪還しホッとしていることでしょう。
しかしまぁ、驚異的な記録ですね。
「記録は塗り替えられるためにある」

この記録もいずれ誰かによって更新されるんでしょうな。

タイソン・ゲイ 2冠!

タイソン・ゲイが大会新で2冠!
男子200m決勝【世界陸上】

世界陸上第6日 男子200mファイナル(8/30日、長居陸上競技場) 
タイソン・ゲイ(米国)が19秒776の大会新記録

100mとの2冠を達成した。
100m・200mの2冠は1999年のモーリス・グリーン、
2005年のジャスティン・ガトリンに続く大会史上3人目となる。

隣のレーンのウサイン・ボルトが好スタートを切る中、
タイソン・ゲイはコーナーでぐんぐん加速し
直線でトップに立つとそのままゴーツへ!
大会新記録をたたき出しての優勝!

20070830-452294-1-N.jpg

「憧れのモーリス・グリーンと同じ2冠が取れてうれしい、とタイソン・ゲイ。
憧れのマイケル・ジョンソンの記録を塗り替えられてうれしく思う。
ボルトを捕らえるのは大変だったけど
彼のおかげでハイペースになったから感謝しなくては。
リレーも勝って3冠を目指します」とコメント。

タイソン・ゲイ
 世界記録保持者アサファ・パウエルを破り、100mと合わせ2冠を達成。
今年6月の全米選手権では200mで世界歴代2位の19秒62をマーク。


タイソン・ゲイ トップで決勝へ

タイソン・ゲイ 2冠へ向けトップで決勝
(男子200m準決勝【世界陸上】)

大阪世界陸上第5日 男子200m準決勝
(8/29日 長居陸上競技場)
 男子200m準決勝。

100mとの2冠を目指すタイソン・ゲイ(米国)が出場。
向かい風0.4mながら全体でもトップとなるレコードで(20秒00)
30日の決勝へ進出。

20070829-451170-1-N.jpg

タイソン・ゲイは後半で抜け出すがゴール前は余裕を見せて流した。
「2次予選より感覚はいい。
自分のタンクに貯蔵してあるエネルギーはすべて決勝のために
とってある」
と自信のあるコメント。

ゲイ「金」アトキンス「銀」パウエル「銅」

男子百メートル決勝【世界陸上】 決着!!

大阪世界陸上2007第2日
男子百メートル決勝(26日・長居陸上競技場)
タイソン・ゲイ(米)は、9秒85で金メダルに輝いた。


アトキンスが9秒91で銀、

世界記録保持者のアサファ・パウエル(ジャマイカ)は9秒96で銅

タイソン・ゲイとアサファ・パウエルの一騎打ちと予想されていただけに、
アトキンスの「銀」は大金星。

パウエルは「銅」ということでやや落胆気味・・。

■アサファ・パウエル 1982年11月23日、ジャマイカ・リンステッド村生まれ。24歳。9秒77の世界記録を2005年に樹立。06年には、世界タイ記録を2度記録し、ゴールデンリーグ6戦全勝。04年アテネ五輪5位。03年パリ大会は失格、05年ヘルシンキ大会はけがで欠場。190cm、88kg。

■タイソン・ゲイ 1982年8月9日、米ケンタッキー州生まれ。25歳。今季の全米選手権で100メートル、200メートルで2冠。100メートルの今季自己ベスト9秒84は世界1位。ニューヨークGPで追い風参考ながら、世界記録を上回る9秒76もマーク。200メートルの19秒62は世界歴代2位。183cm、73kg。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。