iaf.bmp

アサファ・パウエル 世界新記録樹立

アサファ・パウエル 世界新記録樹立

2005年は序盤から絶好調。
アテネの大会前から「新記録を狙う」と強気のコメント。
2005年6月14日。
アテネのオリンピックスタジアムで行われた
陸上のスーパーグランプリ(GP)第3戦アテネ大会。
ゼッケン「100」のパウエルは 準決勝で 9秒99

迎えた男子100m走決勝。
0秒150で反応、追い風1.6メートルの絶好の条件の中、
世界記録を百分の一秒更新する
9秒77を樹立。

速報計時は9秒78だったが写真判定で9秒77の世界新記録に切り替わった。

2位はアジズ・ザカリ(ガーナ)9秒99
3位はフレイター(ジャマイカ)10秒03。

従来の世界新記録は
2002年9月14日にティム・モンゴメリが出した9秒78。
(この記録は後に取り消される)
約三年ぶりに男子100m走るの記録を塗り替えた。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51974867

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。