iaf.bmp

世界陸上大阪大会2007

世界陸上とは。

IAAF世界陸上競技選手権は1983年にヘルシンキで初めて開催され。
最初は4年に1度、1991年の東京大会以降は2年に1度、
世界のトップアスリートたちが一同に会し、
真の陸上世界一」を目指す舞台として注目を浴びてきた。

今や世界陸上は、
・オリンピック
・FIFAワールドカップTM
と並ぶ「世界3大スポーツイベント」の一つとしてカウントされており、
2007年大阪大会では、世界212の国と地域から
約3,200人の選手・役員が参加。
世界中の190の国と地域で放映され、
延べ65億人のがその熱い戦いに注目するとの見込み。

日本での開催は1991年の東京大会以来16年ぶり。
東京大会ではカール・ルイスが男子100m走決勝で
9秒86

の世界新記録を打ち出したのをはじめ、数々の記憶に残る名勝負が生まれた。

2007年夏、世界のトップアスリートたちの
“より速く!より遠く!より高く!”

を目指した渾身のパフォーマンスが
私たちに熱い感動と興奮を巻き起こしてくれるでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51977268

この記事へのトラックバック

世界陸上
Excerpt: 世界陸上世界陸上選手権は、奇数年で開催される陸上競技で世界最高峰の大会。1980年のモスクワオリンピックの西側ボイコットを機に新設され、1983年にヘルシンキで第1..
Weblog: かなでのblog
Tracked: 2007-08-22 06:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。